とりあえずですが、こんな感じにできました。
じゃじゃーん 

DSC00608_convert_20111029082817.jpg

まだ、ほんとうは、この上にもう一枚“例の”オーガンジーをつける予定ですが、
『土曜のレッスンには間に合ったー  』
と思ったら、今日は10月5週目で、レッスンお休みでした・・・ 
じゃ、来週までにオーガンジーもつけましょう・・・ 


ということで(どういうことでだよ  )、今日は午後からトゥシューズを買いに行く予定です。
こればっかりは、本人がフィッテングしてみないと、同じメーカー、同じ種類でも合わない
場合があるので、レッスンがない日を見計らって買いに行かないと  

もうすぐ舞台があるので、練習がハードになってきます。
そうなるとトゥシューズがすぐにつぶれてしまうし、ますます買いに行く時間を
確保することが難しくなってくるので、“買いだめ”です。
もう、足のサイズが変わることもないですし、腐らないですから・・・ねっ  

ふたり分ですから、いつも10足くらいは買ってきます 
金銭的に、かなり・・・非常に・・・大変です 
ねっ、スカートが買えない理由、わかっていただけますよね・・・ 
トゥシューズも牛乳パックか何かで作りたいくらい 

さらに、外国製はリボンも付いてないから、買って帰ってきてからが大変。
リボンとゴムをひたすら縫いつけなければ・・・。
自分でやってよぅ 

でもね・・・学校の宿題、部活、レッスン・・・やる暇ないよね 

部活やって帰ってきて、すぐ夕食 
すぐにレッスンに行って、帰ってきたらまずお風呂 
宿題やって、予習、復習  やってたら、あっという間に寝る時間です 
ちなみに週6日・・・ 

それでも辞めるって言わないんだから、ほんとに好きなのね 

まぁ、
『もう結構です  』
って言うまでは、やらせてあげたいなぁ・・・。

頑張れ  私  (金銭的に・・・ )


それではこのへんで・・・ 



  

スポンサーサイト

少し間があいてしまいました  
でも、サボっていた訳ではありません。
ほらっ、ね 

DSC00604_convert_20111026211319.jpg

そして・・・

DSC00605_convert_20111026211453.jpg

ねっ、ねっ 

うぅ~ん・・・1枚目の写真、要らないなぁ 
なんだかわかんないもん 

一応、ご説明しますと、まち針いっぱいの裁断したチュールです。
今回は、15Dを使っています。4枚はぎで4段です。
長さは、“膝より少し下”がご希望です。
前回作った帯に、今回は3.3センチづつずらして付けていくので、中へいくほど長さを
少しづつ短くしました。
何故、明確に『○○センチづつ』と言わないのか・・・それは

わからないから   です  

たぶん中へいくほど少し短くしておかないと、ちょっとしたことで中のスカートが見えてしまって
美しくないんじゃないかと思うんです。
だから、もともとの3.3センチと+何センチかを短くしたい   
でも何センチかわからない・・・  
結局どうしたかと言えば

  適当 

だってわかんないんだもん 

全体的にちょっと長めに作ってあります。
あとで切ればいいかな・・・ 
とか。

あぁ~、でも思いっきりギャザーよってるから、後で切るのは不可能か・・・ 

うーんと・・・大丈夫・・・たぶんピッタリ 

んな訳ないか・・・ 
ダメだったら丁寧に切ります 


そうだ。
2枚目の写真の『水色』のは何なんだ・・・って、気になりますよね。
あれは、一番上のチュールの予定で買ってきました。
同じ15Dです。
すると、まず先に帰ってきた次女が、
『あれ~、一番上の布 これにしたんだぁ~  』
と、意味不明なコメントを口にしながら通り過ぎて行きました。
『????   』
と思ったんですが、いつも次女は意味不明なので、軽くスルー。 
で、今度は長女が帰ってきて
『あー・・・んと、これ・・・なんだ・・・  』
と、遠慮がちに次女と同じような台詞を。
『・・・・・・』
待て待て   どういうこと 

恐る恐る
『何かお気に召さない点でも・・・   ?』
と聞いてみると、
恐る恐る
『えーっと、一番上はオーガンジーかと・・・   』
と答える長女。

・・・ぎょぇ~ 
だから次女の反応もあんな感じだったのね・・・。
すまん・・・   

長女曰く、
『一番上はちょっと重みがあった方が回った時も、立ってる時も綺麗に見える   』
らしい。

なるほどね・・・ 

最初は
『そ、そんなことないよぉ~   』
とごまかそうとしたんですが、それを見破っている娘たちの冷たい視線  には勝てず、
買い直すことにしました 

でも、土曜までにはちょっと買いに行けそうもないので、
とりあえず3段だけを縫ってしまおうと思っています。


バレエ歴13年目の長女と12年目の次女。
それなりにいろいろ学んでいるのね。
ちょっとびっくりな母でした  

では 本日はこれにて・・・  




今日は土曜日 
仕事も休みだし、当然朝から晩までぬいぬいさ 
・・・と言いたいところですが、主婦にはもいろいろあるわけです。 
午前中、洗濯  と掃除  などを終えて、製作活動に入りました。

今日の第一の任務は、この間作った帯の長さを調節すること。  
タックみたいにして、ウエストとヨークのサイズにします。
ただ折って縫うだけ~ 
なんですが、これがねぇ・・・ 
またくだらないこだわりで何度もやり直すはめに。

私の生活の中で、左右、上下、色、長さ、数、種類、方向・・・などなど
揃えられるものは揃えなければ気が済まないのです 

洗濯物で言えば、
干す方向(いつも同じ方に向かって洋服の前がくる)
洗濯バサミの色(当然、同じ種類の同じ色を左右に使用)
干す順番(生地が厚い洋服⇒薄い洋服⇒厚い洋服⇒・・・)
左右対称(靴下とか順番に)

とにかく、万事 要らぬこだわりのせいで無駄な時間が発生します 

今日も、こだわりトラップに遭遇 
タックがね~、左右対称にならないんですよ・・・なかなか 
で、やり直し  やりなおし  ヤリナオシ 

あっ、私以外の人が見ても、何がどうだめなのかは分らないと思います 
そのくらい“くだらない”こだわりなのです。

DSC00603_convert_20111023005143.jpg

で、できあがったのがこれなんですが、
ははっ・・・いろいろ偉そうなこと言ったけど、たいして左右対称じゃないな 
一応、念のためいい訳しておきますが、一番はしっこは左2.5㌢、右2㌢ですから。
・・・いいんです。自己満足なんだから・・・ 

午後からは、歯医者さん  やら、お買い物 などで、ほとんど家に居られませんでした。
なので、この後はチュールを4枚裁断しただけです。

明日、4枚をつなげてギャザーを寄せれば、この帯に縫いつけられます 
合計4段です。
来週の土曜日には、間に合うであろう・・・。
そう信じたい・・・    

それでは、これにて・・・ 




えっと~ 
ちょっとお知らせ・・・というか、お断わりを。

今日から、ジゼルの衣装作ります (というか、一応作るつもりです) 
まずはスカートの部分だけですけど 

ということで・・・
帯です。

DSC00598_convert_20111020145355.jpg

違うんです 
飽きたんじゃないんです 

先日、先生から
『○○ちゃん、お母さんお裁縫得意でしょ   練習用のスカート、作ってもらいなさ~い   』
と、指令がくだされました。
ちょ、ちょ、ちょっと待ってくださいな 
えっと、誰が得意なんでしょうか 
前にも言いましたが、中学生の時、家庭科『2』だっったんですよ。
無理ですぅ~ 

が、しか~し 
かと言って、練習用のスカートを買うなんて余裕はありません 
・・・ということは
やっぱり作るのか~ 

でも、もし作るにしても、練習用だけにチュールは買いたくない 
練習用だけにスカートは作りたくない 

ということで、とりあえずスカートの部分を先に作りますが、
いずれボディを作ってつなげるという、素晴らしく貧乏くさいアイデア   のもと
スカートを作ることになりました。

Vaの練習は毎週土曜日です。
まっ、今週は無理ですよ、絶対 





もう10月も下旬になろうとしているのに、この暑さ・・・。 
私、まだ半袖です 

もともと袖が長いのがうっとうしくて、真冬でも七分袖か腕まくり。
今はどこへ行っても暖房がしっかり効いているし、普段の移動はほとんど車だし・・・。
けれど、今年はまだ寒いと感じたことが少ししかないです。
毎日、仕事(パート)に行く時だけ上着を羽織って、駅まで自転車で爆走です 


さて、仕事はこの不況で残業依頼がなくなり、定時に帰れるので3時前には家に着きます。
帰ってから、洗濯物を入れたり、夕食の準備をしたり、一応主婦業もしたりして。
で、その合間をぬって、ちゃんとチュチュは作ってます 

今は、チュチュの一番上の一円に必死で必死でコードを使って模様を描いています。
これがかなり大変です 
でも、せっかくデザインしてくださったASTコスチュームさんを
がっかりさせては申し訳ないので、なるべく忠実にやってます 
それでも多少のズレが生じてきて・・・『むきょぉぉ~っ  』て感じです


そういえば、先日、父方の伯母からトルソーをいただきました。
伯母はずっと洋裁をやっていて、廊下にトルソーが置いてあったのをうっすら覚えていました。
伯母も70歳を超え、今では洋裁をやらなくなっていたので、
もう処分しちゃったかなぁ・・・と思いつつ、ダメもとで聞いてみたら
『あげるよ~  』
と、言っていただいて・・・。

ただ、子どもの時の記憶ってなんて曖昧なんでしょう 
トルソーを父母に取りに行ってもらって、実家に預かってもらってあったので、
先週わくわく   しながら取りにいったら・・・ 
そ、そ、そこにはエメラルドグリーンのトルソーちゃんが・・・ 
目が・・・   目が・・・ 

こ、こんな色だったかな~ 

でも・・・
このあたりでは有名な大きな生地屋さんで売っていたトルソーは、18,000円でした  
もっと安いのがあるのかもしれないけど、どちらにしても頂けるなら文句は言えません。
ありがた~く頂戴することにしました。

しかし問題が・・・。
このトルソーどうみても長すぎる・・・。
腿の中央くらいまである・・・・。

チュチュはご存じのとおり脚の付け根までだから、これって長い 

さらに、普通の洋裁用だから、【支え】の棒が真ん中からガッツリ生えて(?)る。
チュチュは着せられないじゃん 

で、さっそくひっくり返し、底の木の板をはがし、切断(きゃー  )できるか確認。

中は紙で出来ていました。
『これならノコギリでぎこぎこ切っちゃえ  』
ということになりました。
でも、どの位にカットすればいいかわからず、次回、以前つくった
なんちゃってチュチュを持って行くことになり、そのまま実家に置いてきました。
そうだ、がっつり生えてる【支え】は、ずらせそう 


そして今日。
仕事が休みだったため、なんちゃってチュチュを持って実家へ  

さてさっそくチュチュを合わせてみようとすると・・・
なんかこのトルソーちゃん太った? 
いやいや太い?
採寸してみると、若干太り気味 

ふぉぉ~、そうきたか・・・ 
大昔のトルソーだから、今の子の体型に合わないのかもしれないけど・・・。
うちの娘はふたりとも162㎝で、まぁ細め。・・・どう考えても入らない 

がっかりしていると父が、
『紙なんだから少し切ってぎゅぎゅっと寄せれば?』
と、かなり強引な提案をしてきました  
大手術だね・・・ 

頂いたものとはいえ、伯母に許可を取ってからじゃないと申し訳ないから
母から連絡してもらうことにして、今日もまた実家に置いてきました。

うまくいくかな。

この結末はまた・・・ 




こんにちわ 

3連休に入って、単身赴任中の主人が帰ってきたりして、
ばたばたして更新ができませんでした 
結構、間があいちゃいました・・・

でも少しの時間を使いながらチュチュは作ってました 
その成果がこれです

DSC00595_convert_20111014094555.jpg

あんまりすすんでませんね・・・  

そして、あんまり綺麗に撮れませんね・・・
でもでも、本物はもうちょっと感動的なんです 

少ししか進んでないんですが、コードを左右対称につけるのが大変なんです 
『えっ  これで対称 
って言わないでください 

対称です 

コードを付けるのに、意外に時間がかかる理由はもう一つ。
最初に『消えるペン』で下書きをしてから、まち針でとめておいて
手で“ちくちくぬいぬい”するんですが、一針一針まち針の攻撃を受けて
作業が止まります。
生地が白なので、血がついちゃ大変 
でも絆創膏 をはると作業の邪魔になるし、両手両指が絆創膏 だらけに
なっちゃいます 

で・・・
ちくっ   『ぎゃー  』 休憩    
ちくっ   『うきょ~  』   終了 
の連続です 
お裁縫って危険ですね。

さて。
このあと、きっとビーズをつけて、きらきら度 をUPするんだと思います 
なぜか他人事のような発言ですが・・・ 

今はチュールの一円にコードでモチーフを作ってます。
こっちはまち針使ってません。
なぜか・・・続きは次回また。

では本日はこれにて 





先日紹介したボディの他に、飾りをつけるところがあります。
チュチュの一番上の段に飾り用の一円をつけます
こんなのです 

DSC00519_convert_20111003153128.jpg

ちょっとピンぼけですね 
見ていただければわかると思いますが、すその部分にボディの布を使って“なみなみ  ”を
縫いつけ、その両端にこれまたボディにも使った【ブレード】を縫いつけてあります。
このあと、そのさらに内側に【コード】で模様を作ります。
チュールは穴あきなので、コードが上手く縫えるか心配です  
ここからが時間と忍耐との戦いでしょうね 


さて、今日は長女の高校の学校公開日なので、お仕事をお休みしました。
お休みだから気分的にはゆっくりなんですが、お弁当   は必要なので、
やっぱり5:30に起きました 
高校生になって、毎日お弁当を持っていくようになったのですが、中学までの《給食》って
なんてありがたいんでしょう・・・ 

今までは、遠足  や体育祭  など、特別な行事の時だけに必要だったので、
段取りも悪いし、めんどくさいし、娘たちが『これ  』っというリクエストがあったので、
毎回100%同じメニューでした 
もし、うちの娘たちがどこかにお弁当を置き忘れてあっても、中身を見れば
『○○ちゃんのお弁当だぁ~ 』
と、必ずやバレるであろうほどのコピーっぷりでした 

けれど、毎日おなじメンバーでお弁当を食べるわけですから、そうはいかなくなりました 
毎日、お弁当の本を見て、同じ食材でも違う味や見た目になるものを命がけで選んでます 
ちなみに本日のお弁当はこちら

10/5

う~ん、写真でかすぎますね・・・っていうかトリミングした方がいいかも 
でも今日は・・・もう無理です・・・実はさっき1回出来上がった記事を間違えて全部消しちゃって
現在、泣きの2回目です・・・。今日は・・・今日はこのままご勘弁を・・・ 

からあげ 
ピーマンと人参の甘辛炒め
以下定番
①卵焼き  カステラ並みに甘い
②ウインナー  おかずの偏りを防ぐために必需品
③ブロッコリー  私はきゅうりが嫌い
④ミニトマト  彩りにかかせない
朝から揚げ物とか、昔は考えられなかったけど、もう半年ですからね・・・
ちょちょのちょいです (うそです  )

では、そろそろお買いものに出かけますので、今日はここまで 

朝晩寒くなりましたから、みなさん風邪などひかないように・・・ 



いよいよ飾りに入ります 

バスクとボディをつなげたので、チュチュっぽくなってきたような気がします 
チュールもツンに、必死で ・・・無理やり ・・・強引に   縫いつけたので、
《ブレード》という飾り用のリボンをつけていきます。
では、写真をごらんください 

DSC00521_convert_20110930214337.jpg

ブレードを縫ったあと、バレエの衣装によく見られる胸の部分の飾りを作ります。
ここでは、コードという紐を使ってます。
よく、学校で使う体操服を入れる巾着などを作るときに使う紐の『きらきら版  』です。
それを『くるっ  』とまいたり、『重ねたり  』で模様を作ります。
とは言え、これももちろんASTコスチュームズさんにデザインしていただいたものを
私はそのままぬうだけです 

胸の飾りには羽  のような形や葉っぱ  のような形ができあがったものも売っています。
でも高いんです・・・ 
ただ、コードで作ると聞いた時、正直な気持ちは
『やっぱり買うのとは見た目が違ってきちゃうんだろうな・・・  』
と、思っていました。
が、しか~し   実際縫っていくと、これがなかなか素晴らしい 
あっ 自画自賛ではないんですよ  デザインが素晴らしかったのです 

チュチュを作りだしてから、チャコットさんやシルビアさんに展示してあるお衣装を
まじまじ  と観察するようになりました。
すると、さきに説明したような出来上がった形のものを使っていることが多いのですが、
コードで形どっている場合も多いいことに気がつきました。
これにビーズやスパンコールをつけていけば、ほんとに綺麗にできるはず 
あとは、私の頑張りにかかっているわけです 

コードを縫いつけるにあたっては苦労がひとつ。
切ったところからコードがどんどんほどけていってしまうのを防ぐのに悪戦苦闘でした。
最初は、お店で買ったときにやってもらったように、セロテープを巻いてみました。
これは間違いなくほつれを防ぐことができますし、今までお借りした衣装でも
その方法をとってあるものがいくつかありました。
でも、変なところにこだわる私 
セロテープの劣化で剥がれてきてしまうことと、離れて見ても光のかげんでその部分だけ
きらきら光るのがなんとも言えず・・・。
舞台にたてば、絶対気付かないのであろうことは、わかっているのですが、
なんか・・・こう・・・もやもやするのです 
もうこうなったら単なる自己満足の世界で、プロの方や衣装を作られる方からすれば
『ぷっ   』
って感じなんでしょうが、だめなんです・・・ 

で、考えぬいた方法は、
①まず【ピケ】というほつれ止めの液体を塗ります
②それでも開いてきてしまうので、先端の部分を糸でぐるぐる巻きにして縫いとめる
細ーいチャーシューみたいな感じです 
そうすると、ほつれてこないですし、見た目も綺麗。
どうでもいいところにどうでもいい努力を惜しまない私・・・。 
そりゃ、なかなか進まないはずだ 

でもでも、気分良く満足しながらやってるので、よいことにしてください 

では長くなったので、今日はここまでにします 


先日、裁断が終わっていたボディを縫ってみました 
ダーツを入れたりすることはありますが、あとは線にそって縫っていきます 
ただ、写真を撮るのを忘れちゃったんですが、身頃の上の部分(胸~わき~背中)を
バイヤスでくるんで処理しています。
これが、曲線やVの部分(胸)があるので、なかなか難しいです  
前にもお話したASTコスチュームズさんのHPで、詳しく説明してくださっているので、
その通りにやったつもりでいますが、ほんとうにそうなっているのかは自信がありません 
まっ、一応きれいに処理できているので、いいことにしました  
我が娘が着るんだし、裏は見えませんから・・・。

DSC00306_convert_20110928000837.jpg

正確には、写真の上が【ボディ】で、下の帯みたいなのを【バスク】っていいますが
今度はこれを縫いつけます。

上下縫い合わさるとちょっと『らしく』なってきます 

ここまで、まるで毎日進んでいるような報告ですが、実際は恐ろしく
時間がかかっています 
やる気になると何時間でもやれるんですが、途中で夕食の支度   をしたり、
バレエのレッスンの送迎   をしたりで、時間が細切れになってしまうので、
集中できません。
土日はお仕事もお休みなので、食事の支度やバレエの送迎があっても、
充分時間があるはずなんですが・・・。
結局のところ、気まぐれなヤツなので、期限がないのもいけないですね、きっと 

とりあえず、4月  の舞台に間に合えば・・・いやいや、その前に
1月  の舞台に間に合うように頑張らねば 

まだ3カ月もある・・・でもでも、こんな調子でやっていたら4月だって危ない 
ちゃんとまじめに作ります 

とうとう10月 
急に寒くなってきました 
みなさんも風邪ひかないように気をつけてお過ごしください 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。