こんにちは。

とうとう1月もあと1日ですね。
お正月だぁと思ったら、もう節分ですね。

みなさんのお宅では、豆まきはするのでしょうか?
我が家は毎年やります 
娘たちも楽しみにしてますから。
でも・・・。
この頃というか、中学生になったあたりで、みんな『豆まき』は卒業みたいですね。
しかしうちの娘たちは毎年なんの疑問も持たず、元気に
『鬼は~外  』
と大声張りあげてやってます。
今年も、
『もう、お豆 買った?』
って聞いてきたから、今年もやる気満々です 

先日、高校の授業中に節分の話が出たそうで
『みなさんのお家では豆まきしますか?』と先生に聞かれ、
『やる訳ないじゃないですか~ 
と、やらない事が当然のような教室の雰囲気に、娘はびっくりして帰ってきました。

『じゃあ、みんなのうちは鬼が住みたい放題じゃん』

・・・まぁ、たしかに・・・ねっ。

今年はちょうど主人が帰ってくるので、鬼のお面付のお豆を買ってこようかな。


さて、鬼つながりというわけではないんですが、先日実家から連れてきた
若干、太めのグリーンのトルソーちゃん。

やっぱり太いのね~。
ジゼルのスカートをはかせてみようと思いましたが、ホックがはまりません・・・。
ということで、しばらく出番がみつからない感じです。
でも、ジゼルのスカートの保管場所に困っていましたので、しょうがないので、
スカートを肩から羽織らせてみました。
そしたら・・・。
ダメだ・・・ 秋田のなまはげ君に見えちゃった・・・
  
 これ
なまはげくん

緑色がいい感じに鬼を思い出させます。
頭の部分が角みたいだし。

『蓑』っていうんでしたっけ?
秋田のなまはげ君って、こんな感じのいでたちに、包丁もって
『なぐご(泣く子)は、いねが~(いないか~)』
『悪いご(悪い子)は、いねが~(いないか~)』
って、夜の街を徘徊・・・じゃなくて、怠け者を懲らしめにやってくるんですよね。
よく、テレビで怖がって泣き叫ぶお子ちゃまの映像を見ます。
かわいそう・・・。そりゃ、泣きますよね・・・怖いもん。

その迫力は全くないんですが、なんとなく・・・。

あの行事はいつあるのかな。
どんどん昔ながらの行事やお祭りがなくなっていってしまうけど、
なまはげ君も豆まきも、残しておきたい日本の大切な慣わし。
バレンタイン  やクリスマス  もいいけど、日本ならではの
お祭りや行事がまだまだたくさんあるから、忘れないように
しっかり伝えていかなきゃ。

みなさんの街にも素敵な慣わしがあるかもしれませんね。


ではでは・・・












スポンサーサイト

こんばんわ。

先週の土曜日、次女の部活が急になくなったので、実家に行ってきました。
ここから車で40分くらいですが、なかなか帰ることができません。
同居する前は関東に住んでいましたので、『お正月』『お盆』などは、
“帰省”させてもらってたんですが、今はあまりに近すぎて、用事がないと
「帰る」
と言い出しにくくて・・・ 
でも、トルソーちゃんも取りに行きたかったし、お正月も帰ってないので、
思い切って行ってきました。

トルソーちゃんを連れてきたので、ブログでそのお話をしようと思っていたのですが、
母が思わぬものを出してきましたので、その話を。

ずっと前に、私がお裁縫を始めた理由を書いたような気がするのですが、
戻って確認するのもめんどくさいので、簡単に・・・ 
ベビー用品を準備しようとして、ぶちあたった壁。
『ベビー用品ってかわいいけど、なんて高いんだ  』
・・・育ててみてわかるのですが、期間としては短い・・・だからもったいない。
けど、ミルク やおもらしでしょっちゅう洗濯 するので、
その利用頻度を考えれば、それほど高いものではないのです。
しかし子育て未経験の私は、とにかくその値段にびっくり 
『破産する~  』
と節約を決意。
そこで、ベビー服など、自分で作ることにしました。

作ったものは・・・
ベビードレス、おくるみ、哺乳瓶入れ、母子手帳入れ、ママバッグ、おむつ、などなど。
ちなみに、娘2人とも布おむつで育てました  

そして、極めつけは『お宮参りセット』です。
たった1日、お参りするために(お宮参りは大切です)、シルクの何万円もするセットは
とても買う気にはなれませんでした 
あっ、このままだと不憫すぎる娘たちになってしまうので、言い訳をさせていただくと
こちらの両親に “祝い着” なるものを買っていただき、それなりの恰好はさせられました 

さて、さっそく型紙を準備し、材料を調達しようとして
『・・・・・』
材料には “シルク”と書かれています。・・・やっぱり・・・。
・・・・
『うーん・・・それってお高いんでしょう
『・・・今回は、綿ということで・・・
そもそも次回はあるのか・・・という話ですが、そこは気にしないで、っと。
で、1㍍ = 400円ほどの布を買いました。
でもこの布、よーくよーくよーく見ると、うさぎさんとかがプリントされていてかなりかわいい 
ただ、よーく見ないとわかりません 

ケープ ケープ ドレス ドレス 
ポシェットとくつ お守り入れとくつ ぼうし ぼうし

ドレスのみ ケープなし

ケープあり ケープあり

ちなみに、シェリー・メイが敷いているおくるみも作りました 

こうしてみると、貧乏性のおかげで、素敵な思い出が出来ました。
長女、次女ともにこの『お宮参りセット』を装着 しました。

娘たちも大きくなったら、お裁縫をやるようになるかしら・・・。

これをきっかけに、なんでも手作りするようになりました。
お裁縫以外に、おもちゃや、子ども用テーブル、椅子、本棚、タンス・・・。
牛乳パックと段ボールでいろいろ作りました。
当時は、こんなブログなんてなかったから、あえて写真は撮ってないからな・・・。
そのうち、UPできればいいけど。

では、本日はここまで・・・。
完全に自己満足のブログで失礼いたしました

関東方面のみなさま、慣れない大雪、大変でしたね。
雪がまだ残っているところも多いはず。
明日も、足元に気をつけて、お怪我なさらぬよう・・・。

そうだ、静岡県(たしか・・・)、インフルエンザが凄いんですってね。
どうか、暖かくしておやすみください。

みなさんが、明日も元気でありますように・・・

おやすみなさい・・・ 


追伸:このブログ、昨日、途中までしかできなかったので、今日続きを書きました。
   日付けって・・・昨日のまま・・・。
   直し方がわかりませんので、このままで。
                               2012年1月24日







日付かわっちゃった・・・。

今日も寒かったなぁ・・・。
自転車のってて、耳がとれるかと思ったよ。

もう昨日になっちゃったけど、
1月17日は忘れてはいけない日。
忘れられない日。

去年も大きな災害があったけど、17年前にも。

あの時、つわりで
げーげー
やってた頃だ。

なんにも食べられなくて、どんどん痩せて・・・。
みかんとりんごとバナナだけでなんとかしのいでいたっけ。
おさるか・・・(^_^;)
トイレの前にお布団ひいて・・・。
大変だったなぁ。


あの時、お腹にいた娘は16歳。
高校生になりました。

感謝します。
子どもたちが元気に育って感謝します。


こうして過ごしてきたことが、あたりまえのようだけど、
普通に暮らせるってこと、感謝しなきゃ。

私にとっては、1月17日もそういう日。


明日も寒いかな。
最近、雨降らないな。

お天気がよかったら、布団を干そう。
そうやって、また普通に暮らしていこう。

それから・・・。
また想い出して、感謝しよう。



よし、ひとりごと、おわり・・・














こんばんわ。

とても寒い日が続いていますが、みなさんお元気でしょうか?
インフルエンザも流行ってきているようで、小さいお子さんがいると心配ですね。
早く春がくるといいけど・・・。

さて、今日は音楽のお話を。
長女が学校の授業でギターをやるとのこと。
今はそんなことまでやらせてくれるのですね 
私たちの時代は、先生や親世代からは
ギター = 不良
という公式があったような・・・。(歳がばれますね


わたくし、高校時代ににバンドをやってたりしまして。
といっても、
『キーボードのメンバーがいないから手伝って  』
と言われて少しだけですけど。
でも、部活が“軽音楽部”だったのです。
ただし  合唱もやるという条件付きの部活でしたので、ちゃんと合唱も真面目にやってました。
で、部活動ですから、なんでもやらせてもらえます 
ギター、ベース、キーボード、ドラム、そしてボーカル
・・・プリプリ、レベッカ、尾崎豊、ALFEE 、杉山清貴&オメガトライブ 、BOOWY ・・・
懐かしいと思った方・・・仲間  
全く『???』の方・・・ママに聞いてみてください 

文化祭の時は、ちゃんとプロの音響さんを呼んでやるのが決まりでした。
・・・今おもえば、それって凄いことですよね 

あっ、そんなことはどうでもいいんだった。

それで、ギターを教えてほしいと言うので・・・

ギター

ギターを出してまいりました 

このギターは、高校1年のお正月にお年玉で買ったものです。
値段は忘れちゃったのですが、ケースを買うお金はなくて・・・。
結婚した時は実家に置いてきたのですが、なんとなく弾きたくなることがあって、
いつだったか、連れてまいりました。

弦は定期的に張り替えていたので、大丈夫。
音を合わせて準備OKです。

でも、久しぶりに弾いたら・・・指がまったく動かなくて 
あの頃は、左手の指はタコができてましたっけ・・・。


そもそも完全なる独学です。
中学1年生の時に、
松山千春さまにどっぷりハマりまして
ギターに“フォーク”と“クラシック”があることさえ知らず、
母の弟が使っていたギターを譲り受け、
『あなたも弾ける!クラシックギター入門』
みたいな本を1冊買いまして、練習を始めました。(ちなみにもらったギターはクラシックでした)
宵待草・・・
たしかそんな曲が1ページ目にあった気がします。

それから、どうやってコードなんかが弾けるようになったのかわかりませんが、
昔から好きになったものはとことん・・・なので。
『松山千春 ベストコレクション』
みたいな楽譜を買って、毎日弾いていました 

娘たちもハマらないかと、罠をしかけたこともあったのですが、
バレエ以外は興味ないみたいです  

でも、ひさしぶりにさわったギター。
しばらくはこの陽のあたる場所で活躍しそうです。


さて、そろそろ寝なきゃ・・・。
あたたかくしてお休みください
・・・






こんばんわ。

思えば、9月からずっとこの衣装のお話を長々と・・・。
冷静に考えれば、なんて仕事が遅いのでしょう 
ごめんなさい 

そこで、本日
『パキータ エトワールVa 完結編』
となるように頑張ってみますので、お時間があったらお付き合いください 

それでは・・・
まずは、袖の部分の続きです。

そで 1 ②そで 2 クリックすると大きくなる方法を勉強しました   

そで 3

①11月28日にご紹介した、カットしたチュールをこんな感じにギャザーをよせてみました。
②ゴムを通す部分に、ベージュのバイヤスを縫いつけました。(くらげみたい~
③最後にゴムをとおしました(たこみたい~
ほとんど見えないのですが、仕上げに4㍉のビーズ(オーロラ)を
8個づつ専用ボンドでくっつけました。

それから、今度は胸の部分です。
先日、先生に
「胸の部分がぶかぶかしている」
と、ご意見をいただき、肩のゴムを少し短く(きつく)してみました。
その他、背中のムシ位置を変えたり、パットの位置を変えたりしてみましたが、
イマイチで・・・。
こんなのを縫ってみることに

むね

なんじゃこりゃ・・・とお思い方、次の写真についています

きらきら☆

ちょっと“しわ”になってますが、ようするに胸の谷間  が
開きすぎないように、縫いつけてしまいます。
ほんとの素材はパワーネットだと思うのですが、この色のパワーネットがなっかったため、
店内を探しまわったところ、水着の裏地として使う布が売っていまた。
タイツみたいな感じの布です。伸縮性もありますし、問題なしでした。

そして・・・
お気づきいただけたでしょうか・・・
ブレードとコード、スパンコールのみで飾ってあったのですが、コードの丸まっている位置に
4㍉枠付き縫いつけ用のビーズ(オーロラ)を縫いつけました。
スカートの部分にも少し付けました。
スカートの部分にはもう少し付けたかったのですが、お店にあるビーズすべて買占めても
35個しかなくて・・・
数とバランスを考えながら縫いつけました。

胸の所には大きいビーズを1個縫いつけたのですが、
なんか淋しくて、以前ティアラを作った時に買った、ゴールドメタリックパール2㍉玉と、
ゴールドメタリックナツメパールというビーズを使って、周りを飾ってみました。
よーく見ると、4個だけ4㍉枠付きビーズを入れていて、
照明が当ったらちょっとだけ光るようにしてみたんですが、効果があったのかは謎です 

で、これが完成作品です 

パキータ エトワールva
 
もう少しきらきら感が上手く写るといいのに 
写真の撮影も勉強しなきゃ  

とにかく、初めて作った作品としては満足しています。
なにより舞台で裸ん坊  にならなくてすんだし。
キューティーハニー  みたいになっちゃったら場内大パニック


自分の作った衣装を着て娘が舞台に立ったなんて、感無量です。
ここまでできたのは、デザインから布の種類、縫い方など、細かいくだらない質問に
親切に丁寧に教えてくださったASTコスチュームの羽鳥様、
それから、とあるところでお知り合いになったちなさん、
(ちなさんとはお会いしたことがないのですが、
プロ級の腕でお嬢様の衣装を作っていらっしゃるので、いろいろ教えていただきました)
それからそれから、
ブログを見てくださったみなさんのおかげだと思っております。
ほんとうにありがとうございました 
私ひとりでは、絶対絶対ぜーたい出来なかったという自信があります 
感謝しております 

本日で、『パキータ エトワールVa編』は最終回となりました。
長い間、つたない作品、つたないブログを褒めてくださったり、励ましてくださったり・・・
ありがとうございました。

・・・なんか、お別れみたいになっちゃった 

まだまだゆっくりですがブログは続けます。
お時間あったら覗いてみてください。
よろしくお願いいたします 

明日はものすごーく寒いそうです。
みなさん、暖かくしてお過ごしください・・・・






もう発表会が終わって3週間もたちます。

6月からレッスンが始まり、ひたすら踊った『白鳥の湖』。
当日、午前中のゲネプロが終わっても、
楽屋で最後の最後まで「大きい白鳥」の振りを確認、練習していました。

今年いただいた役は、もう二度とやることがないかもしれないのです。。
年齢や出演者のバランスなど、様々な事を考えて、いただけた役です。
“次”はないかもしれないのです。
だから後悔しないようにやらないと。

そうだ 
お衣装の写真があります 

白鳥

4幕のコールドの時とは違うチュチュだったので、全部で4着です(ふたり分ですから)
で、これを本番までに体にあうようにカスタマイズするわけです。

肩のゴムの長さを合わせ、
後ろのムシの位置を合わせ、
パットを付け、
チュールを留め、
それでもぴったりしない場合は、
つまんで縫ったり、
ゴムを縫いつけて寄せてみたり・・・。

ありとあらゆる手を使って、体にぴったりするようにします。

ふぅ~・・・4着あると、飽きます 
ムシはたいてい1着につき最低でも5個作ります。
でも、着るたびに痩せていくのです 
何度も何度もつけかえます 
今年は、ゲネプロが終わって、本番直前に1着やりなおしました 

自分で作っている衣装の時にお話ししたと思いますが、
『白』
は大変なのです。
ただでさえ汚れることを恐れて、
《脱いだら、すぐ袋へ》
を合言葉に大切に大切に扱っています。
その白い衣装を直すということは、いつものように、
気軽に(気軽じゃないよぉ) ぐさっ  っとはできない 
事故?が起こったら  、まずは指を見る前に衣装を見ます 
汚れたら、この世の終わりです 
ま、そのくらい気を使うということです。

なんとか本番までに、汚さず仕上げられてよかったですぅ 


もう1着は花嫁候補でした

花嫁

こちらもお直しは必要です。
ロマンティックチュチュの場合は、踊ってるうちに衣装が上がってきってしまうのを防ぐために
脚の付け根の部分にゴムでループをつける作業が加わります。
白くなくても、お借りした衣装は汚す訳にはいきませんから、
ほんとに気を使います。

本番は、これに“扇”“ティアラ”“イアリング”を使い、
ゴージャスな感じになりました 

いつもなら、お借りした衣装は本番のために
レッスンの時に着る ⇒ 家で陰干し ⇒ 袋にしまう
という流れでしたが、
今回は、
どうやって作ってあるか調べまくる ⇒ 写真にとりまくる
という作業が加わりました 
なかなか本物の衣装をじっくり見られることがないので、チャンスです。
ビーズの使い方や、チュールの付け方など、研究させていただきました。

なんだか、チュールをめくって覗きこんでる姿、そして、それを撮影する姿は
ちょっとした変態でした 

私の様子を、微妙な表情で見ていた娘・・・
だ、大丈夫だよ 
勉強のためなんだから・・・


これからジゼルの衣装をつくります。
スカートの部分、本当に勉強になりました。
なんとかやれそうです。
ブログを励みにがんばろっと。


この間まで作っていた衣装。
舞台で2日間着ましたが、バラバラになることなく無事踊りきることができました 
いつもなら、回転など失敗しないか心配でどきどき   なんですが、
今回は衣装が気になっちゃて、気になっちゃって・・・ 
とにかく良かったですぅ。

ぎりぎりになって、袖を作り、ビーズでちょっとだけ飾りました。
次回見ていただけたら・・・と思っています。


さて、3連休も今日でおわり。
主人は先ほど
『出稼ぎ』
に、どんよりしながら出発しました  

お正月も完全に終了。

明日から、はりきってまいりましょう 

おやおや・・・。
まだ宿題やってる人が2人・・・。
しーらないっと 



でわでわ~ 













 

年があけて1週間がたってしまいましたが・・・・。
まずは、
 
あけましておめでとうございます 

昨年9月に、訳がわからない状態で、まさしくタイトルそのまま
『なんとかなるさ』
という、安易な気持ちで始めたブログですが、
いろいろ教えていただいたり、「とにかくやってみちゃおっ  」と、
自己流で突撃してみたりでなんとかしのいできました。
もし、失礼やご迷惑になったことがありましたら、この場でお詫び申し上げます。

寛大なお気持ちで見守って下さった方、こまめに声をかけてくださった方、
お忙しい中 覗きに来て下さった方・・・。
ありがとうございました。

ブログのおかげで、知らない世界が覗けたり、わからないことがわかったり、
ほんとに楽しいです。

「すごーい  」
と、感動したり、
「うらやましぃ  」
と、わくわくしたり、
時には
「そうなんだぁ・・・  」
と、悲しくなったり、
「わかる~  」
と、怒れてきたり。

“バレエ”というひとつのきっかけから、
お裁縫が得意な方のブログを見つけ、そこから子育てを頑張ってるママのブログを見つけ、
さらには素敵な写真を撮っている方を見つけ、そして夢に向かって頑張ってる方を見つけ・・・。

毎日の生活の中では、めぐり逢えない方たちの作品や言葉に感動したり、励まされたり。
思い切ってはじめてみてほんとに良かったと思っています。


さて、2012年はどんな年になるのでしょうか?
とにかく『健康』で、『穏やか』で、『笑顔』がたえない1年でありますように。

ほんとは
≪ 世界中の人がしあわせを感じられますように・・・ ≫
と言いたいんだけど、ちょっと大きすぎる希望で 

せめて・・・
自分のまわりのことだけじゃなく、知らない誰かのことも祈っていよう。
大変な思いをしている人がいるということを忘れないで、日々暮らしていこう。


今年もゆっくりブログを続けていきます。
お時間あったら覗いてください。


よろしくお願いいたします。

  
                                         2012年1月7日
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。